買取詐欺をはじめ沢山の電子マネーの詐欺がある!

買取詐欺をはじめ沢山の電子マネーの詐欺がある!

買取詐欺をはじめ沢山の電子マネーの詐欺がある!

電子マネーの詐欺と言えば、最近ではAmazonギフト券を騙し取る詐欺がニュースなどで報道されています。

一昔前は「オレオレ詐欺」などが有名でしたが、オレオレ詐欺の進化形がお金を振込みさせるのではなくて、Amazonギフト券などの電子マネーをメールで送らせる詐欺などがあります。

ここまで大きな話ではないですが、Amazonギフト券買取詐欺のような高い換金率で誘惑し、入金時に手数料などを引いてくるような詐欺もあります。

このようなAmazonギフト券買取詐欺は、当サイトでは実際に検証しているので優良サイトなどはわかり問題ないです。>>Amazonギフト券買取の詐欺サイトの特徴

下記のAmazonギフト券買取サイトは検証したので、絶対に詐欺ではない!という自信があります。

具体的にAmazonギフト券買取サイトの大手で優良と言えば、買取ボブamatera.co.jp(アマテラ)ギフトグレースです。

結論から言えば、この上記3サイトを利用すれば全く詐欺サイトに騙されることもありませんし、遭遇するということもないです。

買取ボブは人気ありますので下記で解説しています。

上記サイトは、管理人も検証しているので安全性はピカ一なのでオススメできます。

買取ボブの入金明細(住信SBIネット銀行)
買取サイトの買取ボブの入金明細表

では、このAmazonギフト券買取詐欺以外の例をこのページでは見ていきたいと思います。

電子マネーの普及で増加した電子マネー詐欺の実態

電子マネーの詐欺の実態

買い物をする場合、現金を使用して商品を買うのが今までの常識でした。しかし技術の発展と共にその常識は大きく変化してきています。

現金主流からクレジットカードでの支払いと言った選択肢が増え、今では電子マネーと呼ばれる支払方法も確立されました。

この電子マネーは現金を持っていなくても支払いが出来る画期的な方法で、小銭などを持つのが嫌な人には特に利便性が高人気となりました。

特に利用者が多いのはコンビニでの利用で、現在国内で営業をしているコンビニでは電子マネーでの支払いがほぼ100%出来るようになりました。

それと同時に増加してきたのが電子マネー詐欺という新手の詐欺です。

電子マネー詐欺はオレオレ詐欺などとは異なり現金をだまし取るのではなく、電子マネーをだまし取る詐欺となっており、様々な手口で多額の電子マネーをだまし取られるケースが多発しています。

何故電子マネー詐欺が横行するのかと言えば、それだけ詐欺の手口が巧妙であることが関係しています。

スマホの普及もこの電子マネー詐欺を助長している原因と言っても過言ではないでしょう。

【関連ページ】
クレジットカード現金化の詐欺手口とその対策を紹介!
【危ない!】Amazonギフト券買取の詐欺サイトを実名で公開

電子マネー詐欺の手口とは?

電子マネー詐欺の手口

電子マネー詐欺の手口としては、「架空請求」「LINEなどを使用した成りすまし詐欺」「サイトを偽り登録させる詐欺」などがあります。

それぞれに詐欺の手口が全く異なりますので、注意していてもいつの間にか騙されてしまったと言うケースが後を絶ちません。

まず、架空請求詐欺の場合は、スマホやパソコンサイトを利用したと偽り、サイトの利用料金を請求してくる詐欺です。

実際にはサイトを利用していないのにもかかわらず、架空請求が来てしまうと利用したのかも?という感情になり請求金額を支払ってしまう人がとても多い詐欺です。

この架空請求詐欺の場合、請求金額が数万円という絶妙な金額になっており、これくらいなら支払ってもいいかという気持ちになるのと、支払うことで請求されているという精神状態から解放されるためつい請求に応じてしまうことになります。

昔からこの架空請求詐欺は横行していますが、近年では現金を振り込ませるのではなく電子マネーのシリアル番号を聞きだしそれを現金の代わりに支払いに使わせるという手口が増えています。

この方法は振り込み先の口座が必要なく、シリアルナンバーさえ聞き出してしまえばすぐにチャージして電子マネーをだまし取ることが出来ます。

聞き出す場合も架空のサイトを作り、その中の記載欄にシリアルナンバーを記入させることで電子マネーをだまし取るので、だまし取られた場合にもその相手が特定できないということも少なくありません。

LINEを利用した成りすまし詐欺は一時期大問題になった電子マネー詐欺です。

ニュースでも大々的に取り上げられていましたので知っている人も多いでしょう。これはLINEのアカウントを乗っ取り、乗っ取った相手に成りすまし電子マネーを騙し取る詐欺です。

アカウントを乗っ取られていることは乗っ取られた側も騙された側も分らないので、知人とLINEでやり取りをしているのと勘違いし電子マネーを購入し騙し取られることになります。

この場合も電子マネーに記載されているシリアルナンバーを聞き出す方法でマネーを騙し取られてしまいます。

電子マネーの場合シリアルナンバーを登録されてしまうとその時点で額面分のマネーが登録した人にチャージされてしまいます。

一度チャージされてしまうとそれを取り戻すことは不可能なので、非常に巧妙で電子マネーの穴を突いた詐欺だと言えるでしょう。

LINE乗っ取り詐欺はLINE側の対処により一時期よりはその被害が減ってきていますが、LINE以外にもSNSを利用した同様の詐欺は後を絶ちません。

サイトを偽り電子マネーを騙し取る詐欺は、電子マネーの買取りの際に多く報告されている詐欺です。

電子マネーは買取を行っている業者も多く、現在では様々な電子マネーがあるので騙し取られる被害も非常に多くなっています。

この詐欺の場合電子マネーを売りたい人の心理に付けこみ、買取をしたように見せかけてそのまま姿を消すといった詐欺となります。

騙された場合は泣き寝入りするしかなく、業者を探そうにも連絡先も分らない為、電子マネーを取り返すことも出来ません。

電子マネーは非常に便利ですが、その分騙し取られ易いという特徴もあるので注意が必要です。

電子マネー詐欺を防ぐためには?

 電子マネー詐欺を防ぐ対策

電子マネー詐欺を防ぐには、身に覚えのない請求には一切応じないことが重要です。架空請求の場合心理的に弱い部分をついてきますし、請求されているということで焦りが生まれます。

それが架空請求に応じてしまうといったことに繋がります。成りすましの場合も知人からの連絡であっても、電子マネーを買って来てくれといった相談をそのまま鵜呑みにしないことも詐欺に合わないための対策となります。

相手が知人だとしても、一旦本当に本人かどうかを確かめるくらいの用心深さが必要になるでしょう。

サイトを偽るタイプの詐欺も、そのサイトが本当に信頼できるかどうかを確認してから利用することで電子マネーを騙し取られることを防げます。

それと自分は詐欺にあわない、騙されることは無いと言う根拠のない自信は捨てて、怪しい場合はすぐに警察などに相談することもポイントとなるでしょう。

<

【関連ページ】
Amazonギフト券の買取詐欺サイトの特徴
クレジットカード現金化の詐欺手口とその対策を紹介!
ヤフオクでAmazonギフト券詐欺が多発!その手口と対策!
Amazonギフト券を含む電子マネーの色々な詐欺に注意!
Amazonフィッシング詐欺の手口、予防、対策
買取ボブの評判は!?
amatera.co.jp(アマテラ)の評判は!?
ギフトかんきんわんの評判は!?

amazonギフト券の買取サイト|一番高い買取率はどこ