買取サイトを利用する際のネットバンクと普通銀行の違い

ネットバンクでスピード入金

Amazonギフト券を買取してくれるサイトはたくさんありますが、サイトのホームページ内には必ず「代金を振り込む銀行」について記載されています。

ほとんどの買取サイトが日本国内の金融機関であればどこでも振込OKですが、その中でもネットバンク口座があれば便利で得する事が多いんです。

今回は 何故便利で得をするのか? をご紹介します。

関連ページ

ネットバンク口座比較表

 

ネットバンク口座を利用するのメリット

色々なamazonギフト券の買取サイトを利用してきましたが、大体の買取サイトは「ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・住信SBI銀行」といった比較的利用者の多いネットバンクと提携しています。

このネットバンクのメリットは、営業時間などが全く関係なくネットバンク口座間での振込であれば即座に反映するという点です。

ネットバンクの営業時間は24時間なので、AM12:00~翌AM12:00までということです。

一般の普通の銀行であれば、平日9時~15時迄の時間内の取引でないと全て翌営業日扱いになってしまいます。

仮に、お昼すぎに買取の申込をしても混雑状況によってはすぐ振り込んでもらえず15時以降の振込になり、それが土日を挟むとさらに延びてしまう可能性もあります。

その点ネットバンクは店舗がなく全てインターネット上での管理なので、営業時間や土日祝も気にせずいつでもお金を受け取れるというわけです。

 

【注意点】本当にその買取サイトは24時間営業!?

注意するのが、『買取サイト自体が年中無休24時間営業か?』という点です。

いくらネットバンク口座を持っていても、amazonギフト券の買取サイト自体が土日や深夜など関係なく営業していなければ、いつでもお金を受け取れません。

よく買取サイトを利用する人で勘違いをしている人がいます。

それは、買取申込みというのは自動入金ではなくて、その買取サイトを運営する会社の人が買取申込み希望者の口座を入力し振込します。

だから、最低限申込みした時間が買取サイトの営業時間内でないと即入金を望めません。

amatera.co.jp(アマテラ)など24時間営業の買取サイトは自動入金ではなく人為的に振込をしているので、15時以降や夜などでも確実に買い取って貰ったお金を受け取りたいという人は、ネットバンク口座を持つのが一番便利なのです。

また、ネットバンクだと振込手数料も無料のところが多く、よりお得に買取してもらえるのでそこも合わせてチェックしてみて下さいね。

 

▼評判の良いオススメの買取サイト▼
amazonギフトの買取サイト

【関連ページ】

各ネットバンク口座の比較表はこちら
・Eメールタイプの特徴
印刷タイプの特徴
amazonポイントとは何!?
amazon.co.jpをもっと知ろう!
ギフルの評判は!?

amazonギフト券の買取サイト|一番高い買取率はどこ