クレジットカード現金化の詐欺手口とその対策を紹介!

クレジットカード現金化の詐欺手口とその対策を紹介!

あまちゃんあまちゃん

クレジットカード現金化というのは詐欺が多いと聞いたことがありますが本当ですか!?

かいとり先生かいとり先生

そうですね、換金率が不透明なのでげクレジットカード現金化が初めての人には向いていないですね。手口、対策や詐欺にあわないように予防策も教えますね!

 

クレジットカード現金化の詐欺手口とその対策を紹介!

クレジットカード現金化業者の詐欺の手口や予防策について紹介します。

正直、クレカ現金化業者の詐欺の予防策は、実際に現金化を申し込まないと詐欺業者かどうか初心者には判断ができないです。

なぜなら、クレジットカード現金化を申し込んだ後で、表面上の換金率以外の手数料を引かれて入金してくるケースが多々あるからです。

勿論、事前に手数料がるということなどは伝えられないです。

 

でも、資金繰りで一時的にグレーゾーンでもあるクレカ現金化を利用しなくてはいけないという方がいるはずです。お金が必要だからです。

先に結論言いますね。

では、クレジットカード現金化の詐欺に遭わないように結論から言うと、Amazonでクレジットカード支払いでAmazonギフト券を購入し、購入したAmazonギフト券を専門の買取サイトに売ることでクレジットカードを現金化できます。

【2018年版】アマゾンギフト券買取ならオススメできる5サイト!自信あり

 

かいとり先生かいとり先生

業者に任せないで自分で行うクレジットカード現金化が一番安全ということです。アマゾンギフト券買取サイトは買取ボブのように申し込み前にハッキリと換金率がわかるので安全なんです。

このAmazonギフト券買取サイトというのは、携帯決済を現金化する時にも役立つサイトで私自身も何度も利用しています。

しかも、色々な買取サイトで検証までしていますので、クレカ現金化業者よりも圧倒的に透明性があります。>>携帯キャリア決済でアマゾンギフト券を購入し現金化

優良の買取サイトは検証したので、絶対に詐欺ではない!という自信があります。

具体的にAmazonギフト券買取サイトの大手で優良と言えば、買取ボブamatera.co.jp(アマテラ)ギフトグレースです。

結論から言えば、この上記3サイトを利用すれば全く詐欺サイトに騙されることもありませんし、遭遇するということもないです。

 

買取ボブは人気ありますので下記で解説しています。

上記サイトは、管理人も検証しているので安全性はピカ一なのでオススメできます。

買取ボブの入金明細(住信SBIネット銀行) 買取サイトの買取ボブの入金明細表

 

24時間営業のアマゾンギフト券買取サイト!深夜、夜間にも現金化できる

 

クレジットカード現金化で横行する詐欺

 クレジットカード現金化で横行する詐欺

クレジットカード現金化で横行する詐欺

近年ではクレジットカードの現金化詐欺に関して、報道される事がしばしば見られるようになりました。

しかしそもそも「クレジットカードのショッピング枠の現金化って何?」と思われる方もいるでしょう。

これはクレジットカードのショッピング枠を利用して、商品を現金に交換する手法の事です。

専門業者もいくつか存在するのですが、中には悪徳もしくは詐欺まがいの業者も混ざっているのです。

そもそもクレジットカード現金化は、クレジット会社の規定にとってグレーゾーンに他なりませんからまさに無法地帯です。

Amazonギフト券買取詐欺と同じように利用者にとって後ろめたさから、公にしたがらない(警察などに被害届を出さない)ですし、そこをついて詐欺業者は拡大を続けています。

クレジットカード現金化ならアマゾンギフト券購入がオススメ!

【参考ページ】
Amazonギフト券買取の詐欺サイトの特徴
【危ない!】Amazonギフト券買取の詐欺サイトを実名で公開

 

クレジットカード現金化業者のよくある詐欺の手口

クレジットカード現金化業者のよくある詐欺の手口

よくある詐欺手口

では実際に悪徳業者はどのような手口を使って、詐欺行為を行っているのでしょうか?

まず業者は表向きには高い換金率を打ち出していますが、もちろんこれはフェイクです。

利用者側としては「換金率が高いから選んだのにヒドい!」という気分でしょうが、そもそもその換金率はイコール手元に来る現金とは違うんですよ。

例えば90%以上の高水準で書いてあっても、業者側の設定した手数料で70%台にまで落とす事は可能です。

換金自体は90%以上で行っているので、グレーではありますが嘘では無い事になります。

しかし良心的な現金化業者(現金化自体グレーですが)は、元から手元に来る現金を基準に換金率を決めています。

現金化業者のサイトに書きようによって換金率を変えられてしまう方法を使って、お客を集めている訳ですね。

 

クレジットカード現金化詐欺の具体的事例

現金化詐欺の具体的事例

実際に横行している事例で一番多いのが、やはり換金率詐欺ですがこのような事があります。

業者を利用したものの手元に入る現金が予想の何万円も少なくなっており、電話で問い合わせても「振り込みに関する事務手数料です」などと言い、盾にして相手にしてくれません。

キャンセルを申し込んでみてもサービスの特殊性により、「返金は出来ない」と突き返される訳です。

クレジットカード現金化は法律で明確に認められた行為ではありません。

そのため被害を被っても、利用者がきちんと守られる事は少ないのでしょう。

そして換金率詐欺ばかりではありません、もっと悪徳性が高いものに「不正利用」があります。

どういう事かと言うと、クレジットカードの情報だけを聞いたら後は逃げてカードを勝手に使うという、あからさまな犯罪行為です。

この場合は業者というよりも、個人が架空のクレジットカード現金化業者を謳っている場合が多いですね。

先に指定商品を購入させておいて、そのまま逃げてしまうというやり方も横行しています。

 

クレジットカード現金化の詐欺被害に遭った際の対策とは

クレジットカード現金化の詐欺被害の対処法

詐欺被害に遭った際の対策とは

では「クレジットカード現金化なんかに手を出してしまうから…」と考え、泣き寝入りしなければならないのでしょうか?

かと言って実際にお金を「持ち逃げ」される事態など、あって良い事ではありませんよね。

実際にカード情報を盗られた場合、まずはさらなる被害を防ぐためにクレジットカード停止などは絶対に必要です。そして警察に届け出る事も考えた方が良いです。

自分もクレジットカード現金化という正当とは言えない事をしているとは言え、それとこれとは話が別です。

この場合明らかに業者側は逮捕まで行くでしょうが、この件に関しては利用者は被害者側です。

確かにクレジット会社からは、「良くない利用者」としてペナルティは覚悟が必要ですが、これはあくまでも最悪の場合です。

本当ならばクレジットカード現金化詐欺業者に引っかからない事が大切なのです。

 

現金化で被害に遭わないよう予防出来る事

クレジットカード現金化の詐欺被害に遭わない予防策

現金化で被害に遭わないよう予防出来る事

現金化詐欺業者のホームページは一見して、お洒落で体裁も良く聞こえの言いフレーズが書いてあります。

クレジット情報を奪いたい業者は、まずは申込フォームでガツガツと個人情報入力を迫ります。

ここで「あれ、おかしいな?」と思う事が大切ですね。

とは言え悪徳性は一般の人には見抜きにくいのは事実ですから、それにプラスしてネットで被害例を調べてみるのが良いです。

それでも100%被害は免れるとも言い難いですから、必要ならば電話で詳しく聞いてみましょう。

まず換金率について、本当に手元にこれだけ戻ってくるのかを確認すべきです。
しつこく聞いて向こうが電話を切ったりするようなら、間違い無く「良くない業者」だと考えられます。

相手は詳しい説明はせず、濁った対応でグレーに詐欺行為を行う事を生業としています。

言葉を濁す事は得意ですし、そしてあまりにしつこい利用者とは関わろうとしない性質があります。

詐欺師は常に、騙されやすく従順な人をカモにしていますからね。

「録音機能」や「警察」などのフレーズを使って、防衛を図ってみるのも良いかもしれません。

 

【まとめ】クレジットカード現金化サイトの詐欺手口とその対策を紹介!

カード現金化を利用する人は、当然現金が少なく困っている方ばかりでしょう。
そんな時に「クレジットカードで現金が手に入る!」と知れば、それにすがりたくもなるのでしょう。

困った人=弱者から、お金を搾り取る詐欺業者は後を絶ちません。

お金に困った人に対して、「現金化は使うな!」などとあからさまに言う事は出来ませんが、せめて善良な気持ちを持った業者が見つけられる事を願っています。

 

<<アマゾンギフト券買取詐欺の特徴

 

【関連ページ】
Amazonギフト券買取の詐欺サイトの特徴
ヤフオクでAmazonギフト券詐欺が多発!その手口と対策!
電子マネー詐欺には注意!詐欺の手口を知り対策を講じよう
Amazonギフト券を含む電子マネーの色々な詐欺に注意!
Amazonフィッシング詐欺の手口、予防、対策
買取ボブの評判は!?
amatera.co.jp(アマテラ)の評判は!?
ギフトかんきんわんの評判は!?

amazonギフト券の買取サイト|一番高い買取率はどこ