コンビニではamazonギフト券をクレジット購入できない理由

コンビニでamazonギフト券はクレジット購入できない

今やコンビニでもAmazonギフト券が購入出来るようになっています。

とても便利なのですが、端末を使っての購入・レジ近くに掛けられているシートタイプの購入・・・両方とも現金での支払いでクレジットカードの支払いは認められていません。

Amazonヘルプにもコンビニでの購入は現金のみと記載されています。

なぜ、コンビニでクレジットカードを使ってAmazonギフト券は購入出来ないのか?売る側と買う側の目線で説明していきますね。

【オススメのamazonギフト券の販売サイト】

amazonギフト券を売る側

【売る側】
コンビニでギフト券を購入するのは現金のみ・・これは、販売店がカード会社に手数料を支払わなければならないところから来ています。

商品の仕入れ価格からこの手数料を引いた額が販売店の利益になります。

利益を出すために商品の仕入れ価格を高くしたりは出来ますが、ギフト券は額面以上の金額で販売は出来ません。

よって、ここからカード会社へ支払う手数料を引いてしまうと販売店にはなんの得にもならずむしろ損をしてしまう事になります。

ですので、クレジットカードを使ってギフト券を購入されると販売店には何のメリットもないのです。

この事から、ほとんどのコンビニでギフト券の購入は現金のみの扱いになっているのです。

amazonギフト券を買う側

【買う側】
Amazonギフト券に限らず、商品券や新幹線の回数券など「金券」と呼ばれるものは金券ショップに持っていき換金が出来ますね。

最初から換金目的での購入は当然勧められていませんが、譲り受けた、使い道がないなどやむなく換金する場合もあるかもしれません。

理由はどうであれ、こういった金券はクレジットカード会社からすると「換金性の高い商品」として認識されているので、大量に購入した人などは特にカード会社から目を付けられやすくなります。

これが何らかのきっかけで換金した経緯がバレてしまうと、クレジットカード自体の利用停止になる可能性もあるのです。

クレジットカード会社の規約にも「ショッピング枠を使っての現金化は認められていない」となっています。

ではクレジットカードで一切ギフト券は購入出来ないのか?そうではありません。

例えばJCBギフトカード、これならJCBのクレジットカードで支払いが可能です。

このようにクレジットカード会社独自で販売されているギフト券などはカードで購入が出来ます。

【まとめ】amazonギフト券がクレジット購入できない理由

【まとめ】
カード会社と販売店の関係、カード会社の規約や認識などからコンビニでクレジットカードを使ってのギフト券購入が出来ない理由です。

換金目的で大量にギフト券を入手するリスクもお分かり頂けたと思います。

お店に行く手間がありますが、ギフト券の購入は金券ショップなどでお得に「現金で」購入するのが一番安心です。

リスクを冒すよりよほど良いです。クレジットカードを気軽に使える時代だからこそ、賢く上手に使っていきましょう。

<<amazonギフト券をコンビニより安く購入する方法

【関連ページ】
amazonギフト券をコンビニより安く購入する方法
クレジットカードでの購入で現金化
クレジットカードのショッピング枠の現金化

amazonギフト券の買取サイト|一番高い買取率はどこ