Eメールタイプの再送可と再送不可の違いは何!?

アマゾンギフト券のEメールタイプ

Amazonギフト券には大きく分けてEメールタイプ印刷タイプカードタイプの3種類のタイプがあります。

その中のEメールタイプには「再送可」のギフト券と「再送不可」のギフト券があるのをご存じでしょうか。

この2つは似ているようで違います。

この違いをQ&A式で分かりやすく説明していきますので、知らなかったという人は是非ご覧ください。

 

再送とは何?再送するとどうなるの?

A.分かりやすく言うと「ギフト番号の再発行」です。

Eメールタイプのギフト券は指定したアドレスに送りますね。

そのアドレスが間違っていて届かない、あるいはEメールという性質上、誤ってメール自体を消してしまって使えなくなる可能性もあります。

その際にAmazonにて再送手続きをおこなうと、新しいギフト券を送り直す事が出来るのです。自分のアドレスのみではなく、相手のアドレスも指定できるのでプレゼントにも最適ですね。

 

再送可とは?再送不可とは?

上記で、再送とはなにかが分かったと思います。

では再送可と不可はどう違うのか・・大きく分けると、ギフト券を自分で購入したのか、プレゼントされたものかの違いです。

・再送可→ギフト券を自分のEメールアドレス宛に購入した場合、自身のアカウントに登録しなければ再送は何度でも出来ます。

・再送不可→受け取る人が本人以外、すなわちプレゼントされたギフト券は自分のアカウントに登録できても再送は出来ないのです。

ギフト券の再送手続きは、自分のアカウントの注文履歴からおこないます。なので、あくまで自分で購入しないと再送は出来ないという事になるのです。

 

再送する際の注意点は?

ギフト券を送ったEメールを万が一紛失した場合など、注文履歴から簡単に再送の手続きが出来るのでとても便利ですが注意する事があります。

①再送出来るギフト券は「未使用・未登録・有効期限内Eメールタイプのギフト券のみ」

②再送したギフト券はギフト番号も全て新しく発行されるので「再送前のギフト券は無効になる」・・この2点だけ注意して下さいね。

 

 

そもそもアマゾンギフト券のEメールタイプとは!?

アマゾンギフト券には、アマゾンサイト内で購入出来るEメールタイプと印刷タイプがありますが、Eメールタイプのギフト券って何だろう?と思った方も多いと思います。

私もそのうちの1人です。Eメールタイプに焦点を当てて、特徴やどのようにして購入出来るかを紹介していきたいと思います。

まず、Eメールタイプというのはその名の通り「ギフト券を指定したアドレスにEメールで届けてくれる」ものです。

Amazonのアカウントがあれば誰でも簡単に出来ます。住所は分からないけどアドレスなら知っているという人も多いのではないでしょうか。

送る相手のアドレスさえ把握していれば簡単にプレゼントすることが出来ます。

これはとても便利ですね。

遠方に住んでいる人への贈り物としてもおすすめです。

メールなのでちゃんと届いているかという不安も心配ありません。

相手がメールを受け取り、ギフト券を開封すると贈った側にちゃんと「開封されましたよ」と知らせてくれるのです。

さすがAmazon、贈った側の事もちゃんと考えてくれています。

ギフト券の金額も、なんと15円から50万円まで1円単位で贈る事が可能なのです。

贈る時のデザインも、メールといえどもお祝いや誕生日用など用途別に用意されてあるので好きなデザインを選び贈ることが出来ます。

なんと、自分のメッセージも入力して贈れるので何か一言添えたい時も問題なしです。

スマホやPCから24時間いつでも贈る事が出来ますが、大きな特徴として1年先まで送信日を予約する事が可能なのです!送信日予約していれば、大事な日なのに贈り損ねた!という失敗も防げますしとてもありがたいサービスです。

注文してから相手に贈られるまで約5分ですし、ギフト券の額面以外には手数料等全くかからないのもありがたい点です。

注意する点は支払い方法がクレジットカードのみという事。ただ、ほとんどの人がクレジットカードは持っているので問題はないと思います。

ではどのようにして購入し贈るか手順を見て行きましょう。

 

Eメールタイプの購入方法

1.アマゾン(http://www.amazon.co.jp/)へアクセス
2.上部にある「ギフト券」をクリック
3.画面真ん中左にある「Eメールタイプ」をクリック
4.好きなデザインを選びクリック
5.贈る金額、相手のアドレス、贈り主、メッセージ、送信日など画面に従って入力しカートに入れる
6.アマゾンのアカウントがある人はサインインし、初めての人はアカウントを作成
7.支払方法を選択し(贈り先が初めての人へは再度カード番号を入力する必要があります)次に進む
8.注文内容を確認して間違いがなければ「注文を確定する」をクリックし完了

画面の案内に従い入力するだけなので、とても簡単です。

自分のアカウントの注文履歴から送信結果や相手の受け取り状況なども確認できるので安心です。

相手が仮に長時間使わなかった場合でも自分でギフト券を利用できるので無駄もありません。

少額から贈れますし、好きなものを買ってねという意味ではカタログギフトのような感じなので気軽に利用出来るのではないでしょうか。気になった方は是非贈り物にアマゾンギフト券を検討してみて下さいね。

 

【関連ページ】
知ってると得!Amazonギフト券を買うのにコンビニは意外と便利だった

印刷タイプの特徴

amazonポイントとは何!?

amazon.co.jpをもっと知ろう!

 

amazonギフト券の買取サイト|一番高い買取率はどこ